大同大学大同高等学校

トップ > 大同NEWS

daido-news

Vol.6-No.13 2013.05.29

Vol.6-No.13ソフトテニス部、団体戦インターハイ出場決定!

 5月19日(日)、一宮テニス場で総合体育大会ソフトテニス競技の愛知県大会団体戦がが行われました。本校のソフトテニス部は、準決勝で享栄高校に2-1で勝利し、決勝に進出。決勝戦では宿敵の岡崎城西高校に1番手が勝利し、2番手が接戦で負け、3番手が2-3と追いつめられるも、粘り強く戦い3-3のタイブレークに持ち込み、2-4まで先取されるもここから必死の粘りを見せ5連続ポイントを重ねて7-4で勝利しました。これで、8年ぶり18回目の優勝となり、団体でのインターハイ出場が決まりました。おめでとう!

  優勝までの道のり

    ①大同 2-0 岡崎工業  ②大同 2-0 田口  ③大同 2-0 成章  

    ④大同 2-1 享栄  ⑤大同 2-1 岡崎城西

  

テニス25_1.gif

よっしゃ!(赤尾・藪下ペア)

テニス25_2.gif

いくゾ!(宮田・山口ペア)

 

テニス25_3.gif

表彰式、おめでとう!

テニス25_4.gif

選手と亀田部長

 

・・・選手・監督より一言・・・

● 個人戦での悔しさを団体戦にぶつけてくれました。”挑戦者”の闘志を燃やして、強豪を相手に粘り強く戦ってくれました(井口監督)。 

● 1球1球ボールに集中しました。自分でもびっくりするほど粘れました。最後まであきらめずに頑張ってよかったです。インターハイでは最高の力が出せるようにしっかりと練習をします(F35 藪下)。