daido-news

Vol.10-No.28 2017.09.09

Vol.10-No.28硬式野球部 大会報告

第99回 全国高等学校野球選手権大会 愛知大会
     
1回戦(7月8日)大同4-1猿投農林  2回戦(7月15日)大同3-4豊田西

第70回  愛知県高等学校野球選手権大会 名古屋地区一次予選(8月12日~18日)
     
大同10ー0連合チーム  大同3ー5旭丘  大同7ー8名古屋大谷  大同1ー0同朋

 

硬式野球1.gif

 

硬式野球3.gif

硬式野球7.gif

          
              <写真は第99回全国高等学校野球選手権大会愛知大会の猿投農林戦です>

 
・・・顧問より・・・
● 3年生のチームは秋・春と県大会に出場し1勝ずつをあげていたので、夏の大会の目標として、2つ目を勝てるようにしようと練習に取り組んできました。
   1回戦の猿投農林戦では、初戦の硬さから自分たちの思うような野球が出来ず苦しみましたが、大きなミスが出ることなく試合に勝つことが出来ました。2回戦の豊田西は好投手のいるチームで、苦戦が強いられるのが必至でした。先制点を取られ、常に相手に先行される試合でしたが、各イニング最少失点でしのぎ中盤には追いつきました。しかし、攻撃でチャンスを潰した終盤に勝ち越し点を取られてしまい、そのまま敗れました。試合には敗れてしまいましたが、2試合とも無失策で終え、後輩たちに守備の大切さを伝えることが出来ました。
   新チームでは、旧チームからのエースが残っていたので、ある程度自信を持っていましたが、練習試合から守備のミスが多く、修正しきれず地区予選に入ってしまいました。初戦こそ大勝しましたが、敗れた2試合はともに守備の乱れからの敗戦でした。地区予選で敗れてしまいましたが、まだ練習試合は残っています。この悔しさを忘れることなく、「1球・1点の重み」というのをテーマに残りの練習試合を行い、冬への課題を見つけていきたいと思います。