大同大学大同高等学校

トップ > 大同NEWS

daido-news

Vol.10-No.58 2017.12.27

Vol.10-No.58メカトロニクス研究部、ロボット大会に出場しました!

 12月23日(土)、愛知県工業高校生ロボット競技大会が一宮市総合体育館で行われました。本校からは2台のロボットが出場しました。
 今年は、大会前にカフェテリアの広い場所を借りて、本番と同じコースを準備してしっかりと練習し大会に臨みました。1台のマシンは、5個のボールを一度に取ることができ、もう一台のマシンはボールを上から押さえつける形で4つを同時にとれるどちらも工夫を凝らしたマシンを製作しました。練習では2台ともしっかりとシュートししっかりと得点できるマシンに仕上がっており、試合当日の試走でも、その動きはできていて、2階から見ていた他校生が「おーすごい」と歓声をあげるほどでした。ボールを打つところ以外にも、オリジナルの早戻し機構やシュートロボットをのせて移動するしくみなど、自信あるマシンに仕上がっていました。
 ところが、試合の本番では練習中に一度も起こらなかったラダーチェーンが切れてしまい、もう一台は、タイヤ接続のハブが完全に金属疲労で折れて、接続に使っているスペーサの中におれたネジが残り接続ができなくなってしまいました。練習で調子悪くなったパーツについては交換パーツを用意していましたが、一度も壊れたことのないものが破損するというまさかの事態が発生し予選2回目は2台とも棄権せざるをえなくなり、動きを観客の皆さんに見てもらえずに残念な結果に終わってしまいました。

 

 

取材2.gif

 テレビ愛知の取材①(上から押さえて・・・)

取材3.gif

テレビ愛知の取材②(4つ同時に取れた!)

 

取材1.gif

 テレビ愛知の取材③(5個同時に持ち上げシュート!)

競技中.gif

当日の試合の様子