大同大学大同高等学校

トップ > 大同NEWS

daido-news

Vol.11-No.37 2018.12.21

Vol.11-No.37 メカトロニクス研究部、ロボット大会で敢闘賞とデザイン賞を受賞!

 12月15日(土)、刈谷市産業振興センターで第11回愛知県工業高校生ロボット競技大会が行われました。本年度の競技は2台のリモコン型ロボット(キッカーロボット1台、トライロボット1台)が協力して、パス・キャッチ・トライ・キックをして得点を競い合うというものです。本校メカトロニクス研究部から2台のロボットが出場しました。1年生ロボットは、きれいにパス・キャッチし、トライが決まり決勝トーナメントに進み7位で敢闘賞、2年生ロボットは、飛ばす工夫が評価されてアイディア賞を頂きました。
  
チーム名 DAIDO_Ⅱ号
    選手 大岡怜雅[キッカー操縦]、濱田智晴[トライ操縦]、竜田匠之助[マネージャー]
    結果 予選1回目 パスがきれいに決まりキャッチでき10点
             左モータ配線トラブルで坂を上れずトライできず
       予選2回目 パスをキャッチしてトライでき20点
             キックが届かなかったが、予選7位で決勝トーナメントへ
       決勝1回戦 キャッチできず、キックも届かず

       第7位となり敢闘賞受賞    
  
チーム名 DAIDO_Ⅰ号
    選手 安藤慎之佑[キッカー操縦]、立松伸吾[トライ操縦]、宮川諒一[マネージャー]
    結果 予選1回目 パス、キックともに慌てて、距離があわず得点ならず
       予選2回目 パス失敗、キック短くなり6点のみ。予
選敗退
       アイディア賞受賞

2号3.gif

1号2.gif

 

2号2.gif

1号1.gif

 

表彰1年.gif

表彰2年.gif