大同大学大同高等学校

トップ > 大同NEWS

daido-news

Vol.5-No.57 2013.01.11

Vol.5-No.57YOSHI基金奨学生のYvonne Banerjeeさんが大同高校で勉強中!

 YOSHI基金奨学生として留学中のYvonne Banerjee(イボンヌ バナジー)さんが昨年9月より本校の普通科1年特進エクセレントコースで勉強しています。

 YOSHI基金は、 とはとはとはアメリカ留学中に射殺された服部剛文君のご両親が1993年6月にアメリカの高校生を日本に招くために発足されたものです。剛文君の保険金を原資として、多くの方々から寄せられた寄付金で運営されており、1994年から毎年1名の年間受入留学生に対して全額を支給しています。

 セメスター留学生として本校で学んでいるYvonne Banerjeeさんの日本での生活も、あと2か月弱となってきました。イボンヌさんの留学生活はどのようなものかインタビューしました。

    ☆ 大同高校での勉強やクラスの仲間たちはどうですか?

        Ans.皆さんとてもやさしい。クラスはとても楽しいです。

    ☆ アメリカのスクール生活との違いは?

        Ans.全てが違い最初は戸惑いました。

    ☆ 日本で初めて新年を迎えましたが、今の気持ちjは?

        Ans.お正月の行事などいろいろと経験できました。

            新たな気持ちでいろいろなことを勉強をしていきたいと思います。

    ☆ 日本でも銃規制について積極的に取り組んでおられますが、アメリカや日本の人々に伝えたいことは?

        Ans.銃は人を殺すだけで何もいいことはない。絶対に銃が必要ない社会にしていきたい。

    ☆ イボンヌさんは、国際交流についてどのように考えていますか?

        Ans.いろんな国の人とふれあい、それぞれの国の事を学ぶことは必要で、とてもいいことだと思います。

    ☆ 将来はどのような仕事をしてみたいと思っていますか?

        Ans.映画を作る仕事にかかわっていきたいと考えています。

    ☆ 最後に大同生に伝えたいことは?

        Ans.大同でとても楽しく勉強できました。皆さん本当にありがとうございました。

 

イボンヌ1.gif

特進エクセレントコースで学ぶYvonneさん

イボンヌ2.gif

Yvonne Banerjeeさん

 

・・・担任の長谷教諭(数学)のコメント・・・

● 学習意識も高く、クラスの生徒とも仲良く交流している毎日です。