大同大学大同高等学校

トップ > 大同NEWS

daido-news

Vol.12-No.22 2019.09.24

Vol.12-No.22 伊勢湾台風60年市民防災の集い

 9月7日(土)、大同大学滝春キャンパスで「伊勢湾台風60年市民防災の集い」が開かれました。本校からも、防災リーダーの生徒が中心となり、影絵「愛と力の筏像」の上映や、伊勢湾台風災害記録、当時お父様が本校近くで写真店を経営されていた後藤一平さんの写真展示などを行いました。
 昭和34年9月26日夜、東海地方を襲った伊勢湾台風、本校が位置する名古屋市南区は高潮と貯木場から流出した大量の木材により多くの犠牲者を出しました。この伊勢湾台風から60年の節目の年に、悲劇を2度と繰り返さないように予想される自然災害に立ち向かう術を共に考えるという思いをこめて、「伊勢湾台風60年市民防災の集い」が計画されました。当日はメインステージでの本校吹奏楽部の演奏やダンスの発表、体験型イベント、防災シンポジウム、記録フィルム上映、写真展など多彩な企画が催され、朝早くから多くの来場者でにぎわいました。
 本校の展示ブースにも多くの方に来ていただきました。当時本校に在学されていた方も来場されて、救援・復興活動に携わった貴重なお話を伺うことができました。吹奏楽部は3年生が引退して、1・2年生だけの初めてのステージでしたが、粗削りながらも大同高校吹奏楽部らしいのびのびとした演奏をしていました。
 この日は、テレビ局や新聞社など報道各社も取材にきており、生徒たちもインタビューを受けました。この模様は9月26日(木)夕刻の東海テレビの「ニュースOne 」で放映される予定です。

 

IMG_5489.gif

IMG_5506.gif

 

追可1.gif

追可2.gif